臨床微生物迅速診断研究会会則

第一章 総  則
(名  称)
第一条 本会を「臨床微生物迅速診断研究会」と称し、その英訳名をAssociation for the Rapid Method and Automation in Microbiology (略称 ARMAM) とする(以下本会という)。
(事 務 局)
第二条 本会の事務局を京都府立医科大学感染制御・検査医学教室内に置く。
(目  的)
第三条 本会の目的を、臨床微生物学における迅速診断法の研究、評価とそれに伴う検査機器の開発に関する提案を通じ、医療へ貢献することとする。
(事  業)
第四条 本会は前条の目的を達するために、次の事業を行う。
 (1) 臨床微生物学に関する研究会、講習会等の開催
 (2) 会誌の発行
 (3) 検査技術の開発への援助
 (4) 関連情報の収集、調査
 (5) その他、本会発展のために必要な事業

第二章 会  員
(種  別)
第五条 本会の会員を次の3つとする。
 (1) 名誉会員 本会に功労のあった者で総会の承認を得た者
 (2) 正 会 員 本会の目的と事業に賛同する個人
 (3) 賛助会員 本会を賛助する個人または団体
(入  会)
第六条 本会へ入会しようとする者は幹事会の承認を得なければならない。
(会費の納入)
第七条 正会員および賛助会員は会費を納入しなければならない。
(退  会)
第八条 会員の種別を問わず、退会を希望する者は、その届を事務局に提出しなければならない。
(拠出金の不返還)
第九条 会員が納入したいかなる金品もこれを返還しないこととする。

第三章 役 員 等
(種別および幹事会)
第十条の(一) 本会に次の役員をおく。
 (1) 会  長 1名
 (2) 副 会 長 2名
 (3) 幹  事 若干名
 (4) 会計幹事 2名
 (5) 会計監事 2名
(二) 幹事会を設置し、全役員をもって構成する。
(任期および幹事会の開催)
第十一条の(一) 全役員の任期を2年とするも、再任を防げない。
(二) 幹事会は会長が必要に応じて召集、開催することとする。

第四章 総  会
(種  別)
第十二条 定期総会と臨時総会を開催する。
(構  成)
第十三条 総会は会員をもって構成する。
(召  集)
第十四条 総会の召集は会長が行うものとする。
(議長、議決、票決)
第十五条 議長は会長が任命し、総会に出席した会員の過半数をもって票決が成立することとする。

第五章 会 計 等
(資産および資産の管理)
第十六条の(一) 資産は、正会員および賛助会員の納入した金品をもって構成する。
(二) 資産は、会計幹事によって管理されるものとする。

(会  計)
第十七条の(一) 本会の会計年度は、1月1日に始まり、同年の12月末日に終わるものとする。
(二) 会計は、会計監事により監査され、総会において承認を受けるものとする。

(補 則)
第十八条 本会則に定めるもののほか、必要な事項は、幹事会が別に定める。

附  則
 本会の発足を昭和63年1月1日とし、同日からこの会則を施行する。

附  則
この会則は、平成16年7月3日から施行する。

附  則
この会則は、平成25年3月1日から施行する。

会費に関する申合せ
(昭和63年1月1日制定)
(一) 第七条に基づき、正会員および賛助会員の年会費を定める。
(二) 正会員の年会費を三千円とし、当該会計年度内に納入する。
(三) 賛助会員の年会費を一口五万円、一口以上とし、当該会計年度内に納入する。
(四) 理由なく、継続して3年を超える期間、年会費を納入しない会員は退会したものとする。

会誌に関する申合せ
(昭和63年1月1日制定)
(一) 研究会の事業として会誌を定期発行する。
(二) 会誌の名称を「臨床微生物迅速診断研究会誌」とし、その英語の名称をJournal of the Association for Rapid Method and Automation in Microbiology (略称 JARMAM)とする。
(三) 会誌発行の事業を行う編集委員会を設置し、会長を除く全役員で構成する。
(四) 編集委員会に委員長をおく。
(五) 会誌発行に必要な事項は編集委員会が別に定める。

「ARMAM賞」選考に関する申合せ
(平成7年9月1日)
(一) 研究会は「ARMAM賞」を選考し、表彰する。
(二) 「ARMAM賞」の選考は編集委員会が行う。
(三) 当該年度の会誌に掲載された原著論文を選考対象とする。
(四) 総会において、「ARMAM賞」論文に表彰状と副賞を授与する。なお, 受賞論文が複数の場合には副賞を折半する。
(五) 受賞論文の主たる著者へ総会出席の経費を支払う。

名誉会員に関する申合せ
(平成9年11月16日)
(一) 第二章 第5条に基づき、名誉会員を制定する。
(二) 幹事会が名誉会員候補者を総会に推薦する。
(三) 幹事会の推薦に基づき、総会の承認を得て名誉会員を決定する。
(四) 名誉会員は年会費の納入が免除され、幹事会および本会の主催する研究会、講習会等に参加することができる。

役員の選任に関する申合せ
(平成16年6月19日)
(一) 会長は、幹事会が推薦し、総会において承認される。
(二) 役員は、会長が推薦し、幹事会において決定される。


トップページへ